美髪相談1「30代後半になって、髪質が変わってきた」

当サイトは一部プロモーションを含みます

髪にまつわる相談にプロの美容師がお答えしていきます。

目次

【質問】30代後半で髪質に変化が…

若い頃は髪の毛のトラブルは一切なく、美髪でした。

シャンプーしてドライヤーをかけても、適当に髪を乾かすだけですっと決まったんです。手間いらずでしたが・・・。

しかし、30代後半になってから、まとまりが悪くなってきました。

ヘアカットしてもらっても、すぐ毛先が跳ねてしまいます。

スタイリングも面倒です。

美容院でカットしてもらったら、落ちてる毛がくるくるになっていてショックを受けました。これは、女性ホルモンや老化のサインでしょうか?

【答え】栄養を与えてください。ホームケアも大切です。

髪の毛にハリがなくなって、弾力がなくなっていく。

これは加齢によるものです。みなさんなります。

35-50代になると、はりがなくなってくるんですね。

髪がしおれると老けて見られるし、それをきっかけに、メイクや髪型を頑張ろうと思うようになります。

対処としては、栄養を補っていくしかないんです。

髪の毛には水分が必要で、水分がないところに、栄養を与えてはいけないです。

化粧水も、先に水分ありきで、化粧水のあとに乳液ですよね。

先に水分ありきなんです。そうしないと、栄養が中に入りづらいのです。

水分をいれて、髪に潤いを与えてから、栄養をいれていくことになります。

それは美容室でしかできないので、お水を髪質に合わせて入れ込んでいくことになります。それから、タンパク質をいれていきます。

また、ホームケアも正しくする必要があります。

シャンプーする前のお湯は38度ぐらいで。40度では洗わないこと。

きついシャンプーだとバサバサになってしまいます。

また、夜しっかり乾かして寝ることが大事です。正しい乾かし方をすると、翌朝が非常に楽になります。

実は、顔はチョットぬるめで、髪の毛は高温で洗ってる人が多いのではないでしょうか?

朝ちゃんと落ち着いた髪になっていないなら、まだ乾かせていない証拠です。

水分と。栄養と。そして乾かすこととホームケアと。

それを重点的にケアしてみてください。

【お客様の声】髪質改善で喜ばれています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次